美人に生まれて失礼しました

他称・美人のあるある日記。美人仲間に共感されたいがために開設したブログ

結婚して地味に大変だったこと5選

ども~!

久々に記事をあげようとしてたら、前回の記事をあげた直後に追加であげようとしたものが下書きのまま9ヶ月経った今も残ってた…。笑

 

というわけで、下書き編集中だったけど完成させて先こっちをあげます!

けど実は下書きでは10選ってなってたのに、⑤まで書いたとこで止まってて、もはや9ヶ月前の自分は残り5つを一体何を書こうとしてたのか全く思い出せない。。笑

 

まぁいいや。せっかく5つまで書いてたので、5選に変更してここで成仏させまーす!(相変わらずテキトーな奴)

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

前記事で結婚報告をさせてもらいましたが、記録として今回は美人ネタ関係ないものの、結婚に関する番外編を綴ろうかと思います。

 

というわけで、

結婚して地味に大変だったこと5選。

 

もうこれはだいたいの既婚者の方が通ってきた道とはいえど、本当にこの半年くらいなかなか大変だったので、もうほぼあるあるネタですが、愚痴半分で書かせてもらいます。というか、ほぼ名字に関することだけども…。

 

①氏名変更手続き

 

夫婦別姓が叫ばれる中、2023年現在は世の中の夫婦は9割以上が妻側が夫側の名字に変更されている人が多いのではないでしょうか。そんな私も、夫側の名字に変えたうちの1人。

いや別にいいんですよ。30年少し名乗ってきた旧姓も、特に歴史ある家系でもなければ、跡継ぎでもなければ、ごくごく普通の名字だし、新姓の方がなんとなく好きなので。

ただなーーー、クソ手続きめんどくさかったーーー。婚姻届提出した日に住民票をもらって、即免許の更新、それを身分証にしてるから、銀行やらクレジットカードやら保険やら変更しまくるという、その手間・手間・手間!!

私の場合、資格関係もあるから、またそこにも連絡し…と、結婚して数ヶ月経ったものの、多分未だに変更できてないやつあると思う…。住所変更は【趣味:引越し】を異名を持つ私にはしょっちゅうだったから、面倒さは知ってたものの、名前変更の方がもっともっと手間。住所はオンラインでパッとできるのに、名前になった瞬間、郵送じゃないとダメとか、身分証の写しがいるとか、まーーー面倒。

 

 

②判子問題

 

こちらも氏名変更関連。これは該当する人によるんだけど、新姓によってはなかなか面倒だと思うもの。時は2022年、ハンコレスが進んでいるとはいえど、未だ健在の文化なので、今回、口座名義の更新の時に新姓の銀行印はいるし、入籍前に判子を買っておこう!となったわけなのですが。

その時に知ったのが、思ったより新姓があまりメジャーではなかったこと。。。

文具屋さんとかにある判子を探しても、旧姓のはあっても、新姓のがない。どのお店行って探してもない。既製品がない。。ええええええ?そんなもん???というのも、ジャニーズで例えると、旧姓が三宅だとしたら、新姓が堂本になった感じ(ちょうどテレビにKinKiが出てたのでその例え)なので、当たり前のようにシャチハタもう1つほしいな~と思ったら文具屋で即購入できたのが、特注しなきゃいけなくなったのはちょっとカルチャーショックだった。。そして今、ブツブツ言いながらいろんな判子を揃えたのに、訂正印がないことに気づいてしまい、また特注するかを検討するはめに…。

使う頻度は少ないものの、無理やりシャチハタのデカいサイズで毎回押すの、なかなか厳しいもんがある。1つの小さな小さな訂正印のために、送料をかけて買う意味…。(白目)

 

 

③結婚報告(私生活編)

 

ブログではしれっと結婚報告してますが、リアルな世界での結婚報告ってなかなかハズくない???

なんか浮かれポンチみたいで嫌なんだよなぁ。友達間は、もう30超えてるからほぼほぼ結婚してるし、それほど抵抗はなかったものの、未婚の子にするのはわりと気を遣う。と同時に、既婚の友達は報告する時、私に気をめちゃくちゃ遣ってくれてたんだなぁとも思う。

あと、個人的にはその人にだけ報告でいいやって感じだったのに、浅めの交友関係のところにも「エリカ、結婚するんだってー!!」と話され、そこからもお祝いをもらったのもちょっと気まずかったな…。もう、30半ばになると、浮かれてると思われたくないしなーとか考えてしまう。。

 

 

④結婚報告(仕事編)

 

現在進行形で面倒なこと。結婚する時、旧姓で仕事を続けるか、新姓で仕事をするかを聞かれるんだけど、(離婚しなかったら)この先何十年使う名字なのに、結婚後にやりとりする人に旧姓知られるのもなーとか思って、新姓で仕事することを選んだ私。ちなみに、エリカは結婚してこの新姓になりまっせー!的なオープン公表を全社にするか否かも選べたものの、小っ恥ずかしいという理由で断り、仕事上関係ある人に個別で話せばいいやーと思ったのですが。。

(ここからは面倒なので、旧姓:三宅、新姓:堂本として書きます。めちゃくちゃ仮名です!)

 

【内線をとる時】

エリカ「はい、○○部、堂本です」

社員「三宅さんいますか?」

エリカ「あっ、私です」

社員「えっ!?三宅さん!?えっ、でもあれ、さっき堂本って…」

エリカ「あー、実は最近結婚して、堂本に変わったんですよ~」

社員「わー!おめでとうございます!いつされたんですか~(などなどいろんな質問が飛ぶ)」

 

とにかくこのくだり、マジでめんどくせぇ。

 

最近名前が変わって~と最初は話してたけど、一瞬良からぬウワサが流れかけたので(エリカさんって実は既婚者だったけど、離婚したらしいよーと言ってた人がいたらしい…悪意だろ絶対。。。)、正直に話すことにしてるけど、新姓を通すと決めたものの浸透してない分、いちいち説明&社交辞令の会話も発生するので、すごい時間取られる。

あと、社外も、社内と全く同じやりとりがあるだけでなく、名刺もあるので余計めんどくさい…。考えて発注すれば良かったんだけど、結構旧姓の名刺が余ってまして。4月に組織編成もあるし、今新しく変えても部署名役職名がまた変わる可能性も大だから、そのまま旧姓のやつ渡して、実は~と説明してる…。けど、意外(?)と慣れると早くって、1ヶ月経つと新姓を間違えずに言えるようになったので、ほんと旧姓になんの思い入れもなかったんだなぁとか思ったりする。笑

 

 

⑤結婚指輪の接触

 

独身時代、指輪があまり好きじゃなかったこともあって、アクセサリーとしてもほぼつけずに生活してたんですが、自分が思っていた以上に左手って使って生きてるんだなぁと気づくくらい指輪が物に当たってコツコツ音が鳴る。怖くてチェックしてないけど、多分細かい傷がすでにいっぱいある気がする…。そういえば自分より1年前に結婚した友達も、引越しでダンボール詰めたり運んだりしてたら指輪が傷だらけになったとか言ってたなぁ。。その意味がここにきて分かるというね…。

あと、結婚指輪は微妙にサイズが緩いのもあってしょっちゅう薬指の付け根でクルクル回転しまくるんですが(6.5号サイズなんですけどね…6号にすることも考えたけど、太った場合に再調整するのが面倒だったので敢えてサイズを刻んだ)、小粒のダイヤを入れているのもあって、時々ダイヤが内側に回転してるの気づかずに洗顔しちゃって、顔に当たる軽くガリッという感覚が地味~にイタタ…ってなる。。。マイナートラブルかもしれないけど。

 

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

こうやって9ヶ月越しに書くと、色々あったなぁとしみじみ。

年始は仮名にしてた【三宅】姓が某事務所に実在してたけど、移籍しちゃったから時の流れを感じる…。笑(そもそも今事務所がゴッタゴタだし…)

 

ちなみに結婚生活は極めて順調で、わりと仲良く楽しくやってます!付き合う前、婚約期間中、結婚後…と、あれっ?この人こんな一面あったんだ!と毎回気付かされながらも、嫌な感じでは全然ないので、スピード離婚にならなくてよかった~となってます。笑 お互い様なところは大きいけど!スーパー飽きっぽい私が他人と暮らせるのか最初心配だったけど、意外となんとかなってるので、勢いでも結婚してみるもんです😇そりゃ結婚すると大変なこともあるけど(これは記事タイトルの地味さではなく、家事と仕事の両立とか、嫁姑とかの一般的な大変さね)、ほんとあのサバイバル婚活を懲りずに頑張ってよかったです…(泣) 時々、あのときにいた癖強めの人たちは今どうしてるのか・結婚に繋がったのか気になりはするけどね。笑

あー、美人に生まれて、、、よかったあああああ❤️❤️ブルゾンちえみ風)

 

ではでは、本来あげる予定だった新たな記事についてはまた別記事であげまーす!

また下書きするだけしてそのまま忘れちゃいそうだけどね。笑